伝説の日本刀:蜘蛛切

伝説の日本刀:蜘蛛切 蜘蛛切藤四朗、通称蜘蛛切は藤四朗吉光の作による脇差です。
長さは32.6センチで反りは無く、日本刀を区分する銃刀法における分類上は脇差になっているものの、正確には寸延びの短刀と考えるのが妥当です。
永禄3年、西暦にして1560年に織田信長が熱田神宮に奉納した刀とされており、寛政4年に仰木伊織によって編纂された古刀銘尽大全には蜘切という名で収載されました。
ただ少々注意をしなくてはならないのが、熱田神宮に奉納されているこの日本刀とよく間違えられる名刀、薄緑の存在です。
薄緑は源義経の愛刀としてよく知られており、幾度かその名前が変わっているということも有名な話です。
この薄緑が薄緑と呼ばれる以前には吼丸や膝切といった名前があったのですが、それと同じく「蜘蛛切」という名前もあったのです。
そのため熱田神宮に奉納されている刀を見て「かの有名な源義経が振るった刀である」と思う人が少なくないのですが、作者である藤四朗吉光の時期は源氏の時代と比べても300年以上の差がありますから全くの別物です。
どちらも有名な日本刀であるだけに混同してしまいやすいのですが、形状も来歴も全く異なるものであるということはしっかり押さえておきましょう。

伝説の日本刀:長曾禰虎徹

伝説の日本刀:長曾禰虎徹 日本刀の名工は数多くいますし残された名刀も多く存在しますがその中でも長曾禰虎徹は最も有名な一人でしょう。
鎧を作る職人から刀鍛冶に転身したのが晩年という事もあり作刀数が極端に少ないという特徴もあります。
数珠刃と呼ばれる互の目の頭が揃った独特の刃紋に浅い反りに小切先といった姿で当時は品が無いと言われたのですがその切れ味は凄まじく、注文した旗本の家の石灯籠を斬ったと言われる「灯篭切り」という作もあります。
また長曾禰虎徹が伝説となった理由にはやはり新選組の局長近藤勇の佩刀であったという事も大きいでしょう。
これには諸説ありますが所持していたという事は確かな事のようです。
しかし残念ながら近藤の刀は行方知れずとなったおり、明治期には「これこそ近藤の虎徹である」と風潮した刀はいくつか世に出ましたが真贋はわからず、本物の可能性が高いと言われた刀も火事で焼失したと言われています。
こうした言われなどで人気のある長曾禰虎徹ですが前述の通り本人の作刀というものが極端に少ない上に高い人気がある為に偽物もまた多く、銘は切られていてもそのほとんどが偽物であったという事もあり、最も偽物が多く出回っている日本刀とも呼ばれます。

日本刀関連リンク

刀剣の販売や買取を行う刀剣専門店です。刀剣をお手ごろな価格で販売しています。

日本刀を購入